ともや: 2013年6月アーカイブ

色々気になる事はありますが、薬剤師という職業柄、こういった事も気になる一つですし、薬剤師で無くても、気になるところでしょう?

 

それは、動物の体内で、ヒトの臓器を作製することを条件付きで認めたって話。

産み分けとか、色々な事がありますが、自分の感想としては、かなり神への暴挙に近い感じがするのです。

人類が発展、また寿命が延びたのもこういった医学の進歩というのは認めます。

でも、そういう事は認めつつも、やはり自然の摂理みたいなものに、人間が介入していくと・・・何か弊害が出てくる様な気がするんです。

 

また、今回の様な、動物の体内で出来た人間の臓器を、仮に自分の身体に入れるのって・・・。

条件付きとありますが、議論が必要な話ですね。

このアーカイブについて

このページには、ともや2013年6月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはともや: 2013年5月です。

次のアーカイブはともや: 2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク