2013年8月アーカイブ

薬剤師の仕事、役割には、その代表ともいえる調剤がありますが、ドラッグストアに勤務する薬剤師は、調剤環境がなければ、医師の処方に従い、調剤を行うと いうような作業があるわけではありませんから、患者さんの様子に合わせた、また仮に患者さんが求める薬が、その症状に合わないとすれば、別の的確な薬を提 供する事があります。

しかし、薬局等は、医師からの処方に基づき、お客様となる患者さんの薬を調剤する事となりますから、いわば、患者さんの症状に合わせた、患者に合わせる薬を作るということになります。 要するに、ここで伝えたいことは、薬を調合し、患者さんへ薬を渡す薬は患者さんに合わせた薬をお渡しする事となりますから、薬剤師は、患者さんに合わせた接客をする必要があるという事なのです。

調剤薬局の場合は、来局される患者さんの中には、幾つかの病院もしくは診療所にかかっている等という事も考えられるわけですから、他診療所で出されている 薬剤との、飲み合わせ、副作用に関する面も十分に注意してあげる事が重要となります。 本来なら、そうした配慮も患者を見る医師がすると思いがちですが、医師というものは、自分の科の薬剤には詳しい知識を備えておりますが、他の科で出されて いる薬剤に関しては理解していない部分が多分にあるため、そこで薬の専門家である、薬剤師が重要な存在となり、他の薬との、飲み合わせ、副作用の問題等を 十分チェックし、患者さんに安全なのかという部分を確認してから、薬をお渡しする、ということなのです。

薬剤師はまた、医師による処方の内容が粉末状の薬剤である場合、仮にその薬を服用する患者さんが子供であれば、その事を配慮し、まず確認をとるという方法もありますが、飲みやすい形に変更し、患者さんへお渡しします。 要するに薬剤師とは、単に医師の処方に基づき、いいなりに薬を作るだけでなく、常に『患者の目線』に合わせ、調剤を行う事が重要であるという事なのです。

またそれを目指し、調剤業務は、親切且つ丁寧な調剤を目指すことが必要であるという事なのです。 『患者に合わせた調剤』とは、まさに『患者の目線で考える』ということで、医師の処方のまま薬を調合するわけではない、という事なのです。

要するに、薬、調剤自体が、そもそも患者のための、患者一人ひとりのためのオーダーメイドというようなものであるということで、それが実現できるように、薬局及び病院薬剤師等は努めるべきであると考えます。(転職系の情報として、調剤薬局の薬剤師の転職情報に関してはこちらをご参考下さい。)

以前は虫除けといえば、電気式のものを使っていましたが、ここ数年は蚊取り線香を愛用しています。7

 

まあ電気を使わなくてエコだから・・・ということもありますが、なんとな~くあの香りがちょっと気に入ってたりするんですよね。

むかし、実家には仏壇があって、祖父がよくお線香をあげていたのですが、そのせいかな?

それとも、ちょっとお香みたいなものを連想できるからかな?

あのゆっくりと立ち上る煙をみていると、ちょっとゆったりした気分になれたりします(笑)。

 

最近本当に忙しいから・・・(汗)。

と書いてしまうと、たぶん愚痴ばっかり書いてしまいそうなので(自分のブログなんだから自由なんだけどね)、ちょっとやめておきます。

 

来週に薬局の夏休みをとりました。

思いっきり遊んできます!

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク