2012年11月アーカイブ

POSとは?

user-pic
0
POSとは、Problem Oriented Ststemというものであり、『ピーオーエス』と呼ぶものです。
これを日本語にすると、問題志向型システムとなります。(マイナビ薬剤師などに登録してもいろいろと説明してくれます)

医薬分業が進んだことにより、かかりつけ局として薬剤師は、患者さんにすべきことは一体何か?

そこを考えた場合、やはり、服薬指導が薬局薬剤師にとっては、重要な仕事となり、服薬指導は、患者さんの生活の背景であるとか、悩みなどを含めて、一人ひとり患者さんの状態に合わせ行います。
ですが、薬剤師になる方は、生真面目な人というのも少なくなく、服薬指導自体が、ついマニュアルに沿ったものになってしまうという、傾向にあります。

このPOSとは、そもそも、患者さんの視点に立ち、問題を解決していこうという、個別性を重視した薬学的介入方法論です。
また、このPOSとは、患者さんの視点に立つという事で、本来は、医師のために考えられたシステムであり、事実、これまでは、医学教育と医療の質的向上に大きく貢献したという実績もあります。

では、本来医師におけるシステムのこのPOS破薬剤師が、どのように活用すべきなのか?

しかしながら、POSとは、薬歴の書き方ではなく、それを理解すれば、すべてがうまくいくというものでもなく、薬剤師における便利な記録システムでもありません。
POSは、あくまで、患者さんのProblemを解決するためのもものですから、何より『患者さんはどんな問題を抱えているのか』また、『患者さんに対し、薬剤師として何ができるか』等を理解、解決するためのものです。

そもそも薬剤師にこのPOSを導入するにあたり、こうした目的が第一に考えられるわけですが、このPOSを活用するためには、どのようにすべきかは、POSにおいて欠かせない、SOAPと呼ぶ記録の方式となります。
この方式を利用することにより、服薬指導の内容をまさに石けんのように情報を洗いだすことになり、患者さん自体の薬歴が見えやすくなります。

そもそもPOSの単語には、それぞれ言葉となり、それぞれの言葉には、意味を持ちます。
例えば、患者さんが話した内容であるとか、患者さんの表情及び検査データ、処方内容等、薬剤師が説明した事や患者さんに質問した内容、更に単語の意味となる、主観的情報&客観的情報から得られる薬剤師としての判断や意見というような言葉の意味があります。

そもそも、POS自体には、3つの流れが存在し、薬歴作成から、監査、修正をしてくれる事となり、最初の薬歴作成では、初回来客時の問題リスト、初期計画、経過記録等が記録される事となり、監査では薬剤師のとった行動が良いものなのかを見極め、適切でない場合は、修正をして適切な指導を行うということに導かれるのです。

この前家族でファミリーレストランに行ったのです!
かなり有名なそのファミリーレストランのガスト。

今は牡蠣フェアやってるんですよね。
これが目的で行ったのですが牡蠣・・・ちっちゃい・・・(悲)。
でも味は美味しかったですよ!是非行ってみて下さい!

 

それはそうと、そのガストに行ったときに、ちょうど斜め後ろくらいの席に座っていた女性二人がいました。
自分達がお店に行ったときにはもういらっしゃったかな?
自分の席の後ろになったので、お話がよく聞こえました(笑)。
ちょっと聞き耳を立ててしまいました・・・怪しい!?


どうやら同業の薬剤師らしいその2人。
しかも自分の近所の大手ドラッグストアっぽい。
自分も何か聞いた事がある人かな?
でもしゃべっていたのは少し、仕事の愚痴。
自分も心の中で「うん、うん」とうなずいちゃったりして(笑)。

産業医の先生

user-pic
0
仕事をしてお金を稼ぐのはラクじゃないですよね。
楽しいことより辛いことの方が圧倒的に多いし、不条理なことで怒られたり、自分の不甲斐なさに凹んだり。
それに最近は体もキツいと感じます。若い時と違って、日々忙しくてもうヘトヘト。ビールを喉に流し込みながら「こんな毎日でいいのか?」って自問自答の午前2時。
ああ、私って結構病んでるかも・・・。仕事が辛いのは当たり前、という時代はいつまで続くのかな。
それとももう既に終わってる?最近は企業内でメンタルケアをしてくれるお医者さんを置いてるところが多いそうです。
それなりに資格とか必要みたいだけど、この現代病を救うべく立ち上がろうという素晴らしい人が居るなら助けて欲しい!始めるのは今、参考にするならこの産業医の求人サイトはどうだろう。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク